心理カウンセラーと介護資格

介護業界でも心理カウンセラーの必要性が増えてきていて、
大きい事業所だとカウンセラーを直接雇用している所も
珍しくなくなってきています。

カウンセリングを受ける方は、入所されている要介護者だけでなく、
そのご家族の方も対象で、ご家族で介護をしていく上での悩みの
相談であったり、介護される側としての悩みを解決に結びつける
役目となってきます。

介護の悩みですから、介護業界についても知識が必要であったり、
場合によっては医療の知識も必要になってくるので、臨床心理士の
資格を取得しているのが好ましいとも言われています。

また認定資格として介護カウンセラーなどもありますが、
これを取得したからといって、すぐに福祉事業所でカウンセラーとして
雇われるかは微妙な所で、まだまだ認知度は低いといった感じは否めません。

介護カウンセラーはこの資格だけで、食べていける資格というよりかは、
ホームヘルパーや介護福祉士・ケアマネジャーなど福祉についての
資格を取得している方が、更に自分の付加価値をつけたい方が持つ資格と
いったところでしょう。

福祉事業所でカウンセラーをつける所は、少ないとは言え、高齢化社会に向け
介護について悩みを抱える方は間違いなく増えますから将来的には
需要は高まる職種となってくるでしょう。

関連記事

他の学校

  • どうして介護職は人手不足に陥るのか?
  • 高齢化社会がどんどん進行している中で介護職の人材確保は急務ではありますが、なかなか人材が安定しない状況となっています。 ここではなぜ介護職は人材が不足しているのはご意見を募りましたので掲載させていただきます。 なんといっても重労働な仕事にも関わらず、給料が安いということが最大の原因かと思います。決して楽しい仕事ではないかもしれませんが、看護師などと同様で人を世話をする大事な…

  • 国家資格として需要がありそうなのは?
  • 国家資格として需要がありそうなのは、「司法書士」です。司法書士は、不動産の登記などを行う仕事で、昔からある国家資格ですが、私が従事している仕事から、特に地方なのですが、司法書士も高齢化になっており、今後少なくなっていくことが考えられます。地味な仕事ですが、そんなに仕事としては難しくなく、住宅メーカーの登記を委託されるとかなり生活は楽になるのではないかと思われます。 難しいのは、資格試…

  • 介護職員初任者研修は独学可能?
  • 介護職に就いておられる方の中には、利用者ではなく 先輩や後輩、あるいは同僚と言った仲間内に大してストレスを感じておられる方が少なくないと言います。 それだけ、この世界の人間関係は粗悪だという事なのでしょう。 しかし、そんなものはどこにでも多少なりともあるもので それがうまく構築出来なければ、社会人として一人前に生きては行けないと言っても過言ではありません。 特に、高齢者や障害者の介護…

  • ソラストの医療事務≪口コミ・評判≫
  • 福祉用具専門相談員という資格はキャリアアップの為の資格となりうるのか と考える人もいると思いますが、これは少し断言できない部分かもしれません。 決して意味がないとは言えませんが、この福祉用具についての専門知識を持ったり 利用者にぴったりな福祉用具を選定したりアドバイスしたりする仕事というのは 介護・福祉の仕事の中でも最初の段階であると言えます。 つまり、既に介護・福祉の業界で働いてい…