介護事務 資格学校≪最短安いを比較≫

ランキング 学校名 講座名 習得期間 料金
第一位
ソラスト 通学:約1ヶ月
通信:約4ヶ月
通学:46,000円
通信:25,000円
第二位
日本医療事務協会 通信:約2ヶ月 45,000円
第三位
ニチイ 通学 :約1.5ヶ月
通信:約4ヶ月
通学:68,000円
通信:38,500円
第四位
ユーキャン 通信:約4ヶ月 34,000円
第五位
未来ケアカレッジ 通学 :約1ヶ月 39,500円
第六位
ヒューマンアカデミー 通信 :約4ヶ月 34,000円

おすすめ介護事務講座の資格学校

世の中にはたくさんの資格がありますが
「この資格…どうやって作られたんだろう」と疑問に思ったことはありませんか。

実はYahooみんなの検定などを利用すれば
あなたも好きな資格を作成することができます。

また、資格や検定試験のプロデュースを専門とした会社があるので
資格を作るコツや運営のポイントなど、的確なアドバイスをもらうこともできるようです。

そもそも民間資格とは、企業や民間団体が、独自の審査基準に基づいて
認定する資格のこをいいます。

国家試験や公的資格と同じように、広く認知されている資格もあれば
ほとんど知られていない資格もあります。

もちろん認知度の高い資格の方が、信用度が高く、就職や転職の際に役立ちますが
民間資格は基本的に法律によって制度化されていないので
非常にグレーゾーンが多いのも事実です。

受験する側は、「この資格さえあれば就職できる」といった巧みな
言葉を使った商法が実際に存在しているので、注意しなければなりません。

逆に目的を明らかにしないケースもあるので、受験する前に慎重に選びましょう。

資格を作ったからと言って、世間に浸透するとは限りません。
また、認定後は責任が伴うことがあるので
検定試験にとどめておいた方がよいかもしれませんね。

介護現場

過去に例を見ないほどの少子高齢化が進む日本。そうなると必然的に介護制度の充実が求められるのですが、これにもまだまだ大きな課題が山ほどあると言えるでしょう。
介護現場の現状もかなり厳しい状態にあると言われており、ここも改善する様子はまだまだ見られません。

とにかく人手不足です。実際に介護の現場で働く人の60%以上が3年経つ前に離職するとも言われており、1年未満で辞めてしまう人も全体の40%に迫るほどというデータも出ています。これではいつまで経っても介護する側の負担も軽くならず、これが介護される側にも影響してくることになるでしょう。
そうなれば必然的にさらに離職率が増え、悪循環となってしまうことは目に見えています。

ではなぜ離職したいという介護職員が増えているのでしょうか。ある調査結果では、人間関係を不満に思っている人が最も多く3割程度いたそうです。これと同じくらいの割合で、勤務体制や労働時間に対して納得のいっていない人が職を離れているようです。少し割合は下がりますが、20%強の人が給与に関する不満を持っていることもわかっています。
介護のみに注目されがちな仕事ですが、介護現場の現状を見てみると人間関係にも課題があることが浮き彫りになってきますね。



訪問介護事業

介護事業の中でも需要が多いのが訪問介護事業です。介護が必要になっても慣れ親しんだ自宅での介護を希望している要介護者が多く、施設で介護を受けると集団生活となるため、それに馴染めない方も居宅介護サービスを希望する傾向があります。また、家族も頻繁に会える、もしくは常に一緒にいることができるので安心感の面でもメリットが大きいのでしょう。

訪問介護事業で行われることは主に身体介護と生活援助です。身体介護とは、要介護者がひとりではできないことを助けるサービスで、食事のお手伝いをしたり、入浴や排泄のお手伝い等が当てはまります。その他、車椅子や歩行器使用の際の補助なども身体介護のひとつとして行われます。
生活援助とは買い物や調理、掃除、洗濯などです。

訪問介護事業は通常、介護保険の適用内で行われます。事業者は国民健康保険団体連合会に対してサービスにかかる金額の9割を請求し、支払ってもらいます。このため、介護される立場の利用者は事業者に対して1割を負担するのみでサービスを受けることができます。
もし利用する立場になった時には、それぞれの事業者のサービス内容や実態を調べた上で利用することが重要です。事業を休止しているところ、あるいは介護予防サービスについては扱っていないところもあるので注意しましょう。


福祉用具レンタル

介護の現場に欠かすことができない福祉用具。消耗品は別ですが、大きなものだと手に入れるのに相当なお金がかかります。しかし介護保険の対象となっている福祉用具はレンタルすることができるので、月々無理の無い金額で借りることが可能なのです。
介護保険を利用することができる福祉用具レンタルサービスには車いすやその付属品、特殊寝台や体位変換器などがあります。歩行器やつり具の部分を除いた移動用のリフトなどもありますね。

福祉用具レンタルで最も大事なのは何を借りるか、そしてどこで借りるかということ。福祉用具を貸与してくれる事業所はいくつも存在し、それぞれの事業所で取り扱っている商品にも違いが見られます。どこも福祉用具専門相談員という資格を持った人が選定などを行ってくれますが、その相談員の能力の差も事業所によって違ってくるでしょう。

衛生管理や点検サービスの充実、品揃え、サポート体制など、一見似たような事業を行っているところでも、利用してみると違いを感じることがあるのです。福祉用具レンタルを利用する際にはこういったことにも目を向けて選ぶようにしたいものですね。
まずは資料請求をしたり問い合わせて話を聞いてみたりすると、より選別しやすいかもしれません。

関連記事

他の学校

  • 三幸福祉カレッジの介護職員初任者研修【評判】
  • 初任者研修をはじめ実務者研修、 介護福祉士に関連する様々な講座がございます。 やはりこれからは介護職の必要性もますます増していくことから三幸福祉カレッジでも力を入れています。 また受講料も安くキャンペーンも不定期で実施しており地域によって 講座の金額は変わるもののリーズナブルといって良いでしょう。 また三幸福祉カレッジは全国に約7000の求人があり転職やご結婚、引っ越しがあっても …

  • 介護職員初任者研修の添削課題がない講座!
  • 人気の資格といえば介護職員初任者研修ですが どういった講座か?その内容等は学校によって異なります。 また添削課題のないところあるところなど意外に各学校で差別化を行っております。 正直な話、どうせ資格を取得するなら添削課題がない 良いスクールを選んで短い間に資格を取得したいところですよね。 ただ添削課題がないからといっても、高額な受講費があればパスしてしまいますよね。 …

  • アルバアカデミーの評判や口コミ
  • アルバアカデミーはアロマやハーブを利用した リラクゼーションであるアロマテラピーを中心とした 講座を開設されています。 アロマ以外にもメディカルハーブ講座・ヘッドマッサージ講座 クリスマスアレンジ・ クラッチブーケなど幅広く行っておられます。 あまり知られていないのかもしれませんが、こういった業界にも 資格があり AEAJ認定アロマテラピーインストラクターや日本園芸協会認…